保育士の1日 仕事内容をタイムスケジュールでご紹介

これから保育士を目指す方や、未経験で保育の現場に入る方にとって、保育士が実際どんな仕事内容をしているのか気になりますよね。

今回は保育士さんの1日のお仕事の流れをご紹介させていただきます。

保育士の仕事 1日の流れ

保育士さんのシフトは通常早番・普通番・遅番の3つに分かれています。

今回はその3つのシフトがそれぞれどの時間帯から仕事に参加するのかを含め、保育園での1日のスケジュールを表にしてみました。

7:00
早番保育士出勤
早朝の時間外保育がはじまる少し前に早番の保育士さんは出勤します
7:15
園児のお迎え
早朝の時間外保育の子供たちをお迎えします
8:00
通常保育の園児お迎え
8:00には通常保育の園児も通園してきます。
8:30
普通番保育士出勤
保護者の方や早番の保育士から子供たちの体調や変化などを確認しておきましょう。
保育士と園長で朝礼も行います。
9:30
朝の会
子供達が全員揃ったら朝の会です
皆に落ち着いて聞いてもらったり上手く保育士さんのサポートをしましょう
9:50
自由遊び
子供達に自由に遊んでもらいます。
危ない事が無いように優しく見守り、トラブルがあった時には助けてあげましょう
10:30
遅番保育士出勤
最後まで働く遅番の保育士さんは大体この時間から出勤です。
11:30
食事
お昼の準備(配膳等)をして、子供達には手洗い・うがいをして貰います。
食後は歯磨きも行います。
保育士さんにとっては忙しい時間帯ですね。
13:00
お昼寝
小さな子供たちは1日体力が続くようにお昼寝が欠かせません。
布団を敷いたり、パジャマに着替えさせたり。
また子供たちが寝た後は保育日誌や連絡ノートの記入もします。
15:00
おやつ
おやつの時間、みんなで仲良く食べて貰いましょう
16:00
帰りの会
皆で帰りの回をし、保護者の方が迎えに来た子供から順次帰宅します。
保護者の方とのコミュニケーションも大切なお仕事です。
子供達の情報を交換し、より良い保育に繋げましょう!
16:30
早番保育士退勤

延長保育開始
延長保育になると、クラスや年齢関係なく皆で遊びます。
この時間帯に保育日誌などの記入や、明日の準備なども行っていきます。
早番の保育士さんは延長保育前に業務終了です。
17:20
普通番保育士退勤
普通番の保育士さんは延長保育で使わないクラスの掃除などをして、ここで業務終了です。
19:30
遅番保育士退勤
時間外保育でお預かりしている子供達のお迎えが全員終わったら、遅番の保育士さんも掃除などを終わらせて業務終了になります、お疲れさまでした!

朝の仕事内容

朝の仕事内容

朝は早番の保育士さんが登園してくる園児をお迎えします。

しかし、子供たちが走り回る中で、体調をチェックしたり、保護者の方のお話も伺ったり、連絡帳を確認したり・・・

すぐトイレに行きたくなる園児もいますし、この時間帯は早番保育士しかいないこともあり、かなり忙しい時間帯です。

普通番、そして遅番が出勤してくる10時半までの少ない保育士で対応する時間帯をきっちり対応してお昼を迎えたいですね。

お昼の仕事内容

昼の仕事内容

お昼前にまでに遊びの時間があり、それから給食、お昼寝、おやつの時間になります。

子供達は遊びを通してお友達や保育士さんと触れ合い、協調性や社会性を身に着けていきますので、遊びはとても大切ですね。

他にも絵本を読んだり、粘土遊びをしたり、歌を歌ったり、鬼ごっこをしたり・・・沢山の遊びを通じて体の発育や、感受性を育んでいきます。

担任の保育士さんは一緒に遊んだり、子供達を観察しながら、助けてあげたり、自立できるように成長を促してあげたりします。

また、大きな怪我などをしない様にする安全管理は最も大切なお仕事の一つ。

元気に走り回る子供たちの近くに危険なものがないか、しっかりと注意してあげてください。

お昼寝中は保護者の方への連絡帳の記入がメイン。

「今日は一人でトイレが出来ました!」

など保護者の方に、子供の様子を伝えてあげれば喜ばれますよね。

その為には担任の保育士さんが一人一人の子供達をしっかり見ておく必要があります。

夕方~夜のお仕事

夕方~夜の仕事内容

おやつの時間が終わると、保護者の方がお迎えに来た園児から順次帰っていきます。

年中以上の園児たちには帰りの支度なども自分でできるように教え、それ以下の園児たちのお手伝いをしていきます。

17時~18時になると、延長保育の時間。

遅番の保育士さん数人で残っている園児たちの面倒を見て行きます。

また、翌日の準備や運動会やお遊戯会などの行事があればその準備作業など、園児が帰ってからもやるべき事は沢山あるのが保育士さんのお仕事です。

保育士は楽な仕事ではない。が、大きなやりがいがある

保育士さんの1日、なかなかハードな様子が伝わりましたでしょうか。

勿論楽な仕事ではありませんが、子供たちに信頼され、頼られ、甘えられ・・・その成長を助ける事が出来る保育の仕事はとても素晴らしい物です。

自分がかかわった子供達が将来、大きくなってから

きらきら

「先生!あの頃はお世話になりました!」

なんて尋ねてきてくれた時には、本当に保育士になってよかったなぁという温かい気持ちになりますね。

保育士さんはお給料の低さなどが良く問題として挙げられますが、今は人手不足・どこも保育士さんを欲しがっていることもあり、中にはスタートから月給30万円の保育園などもあります。

保育士資格を持っていなくても働ける保育補助のお仕事などもありますし、もし少しでも保育士のお仕事をやってみたい!挑戦したい!と思ったら是非チャレンジして貰いたいなと思います。

保育士の求人を探す上で是非活用してほしいのが保育士専門の転職サイト。

特に人気が高いのは保育士バンクです。

一般の転職サイトを使うよりもはるかに保育士の求人が多く、特に高待遇の求人は非公開になっており、登録者だけに紹介する仕組みになっているため、条件の良い求人をライバルの少ない状態で受ける事が出来ます

また、各コンサルタントは実際に保育園・保育施設に足を運び、人事担当者とも頻繁に交流し、現場の雰囲気・状況を知っていますので、詳しく相談すればミスマッチの無い転職をすることが出来ます。

お給料の条件交渉などもコンサルタントが行ってくれるので、掲載されてる条件よりも良い条件で採用される確率も高まります。

この辺りは一人で一般の転職サイトを使って転職すると決して得られないサービスです。

全てのサービスを無料で受けられますので、保育士のお仕事に挑戦したい方も、別の職場でステップアップしたい保育士さんもぜひ使ってみてください。

↓のボタンから公式サイトに移動できますよ。

保育士バンクの公式サイトはこちら