小規模保育事業A型 B型 C型とは?違いや特徴・働くメリット

小規模保育事業とは2歳児(3歳までの子供)を対象とした保育施設です。

東京都をはじめとした都市部では保育園が不足し、待機児童問題が深刻化しているため、小規模保育所の果たす役割は大きく、最近どんどん数を増やしています。

その小規模保育にはA型・B型・C型の3種類がありますが、違いが分からないかたも多いかと思います。

これからそれぞれの特徴を詳しく説明していきますね。

小規模保育事業A型・B型・C型の特徴

小規模保育事業A型B型C型

A型・B型・C型で何が違うかと言いますと、働いている職員がどのぐらいの割合で保育士資格を持っているか。

また、子供達を何人ぐらい預かるのかという規模などに違いがあります。

小規模保育事業A型の特徴

最も大型で保育所に近いスタイルで、定員は6~19人になります。

職員は全員が保育士資格を有しているため、3つのタイプの中で最も保育のレベルが高い形態になります。

また、従来の保育所の職員配置基準よりも保育士を1名多く配置するよう定められています。

必要面積は以下の通りです。

0歳・1歳・・・1人当たり3.30㎡
2歳児・・・1人当たり1.98㎡

小規模保育事業B型の特徴

A型よりは規模が小さく、C型よりは大きい、中間規模にあたる形態、定員としてはA型と同じく6~19人です。

働く職員の半数以上が保育士の有資格者で、A型と同様に職員の配置基準より1名多く保育士を配置する必要があります。

保育士と保育補助が協力して働いている場所ですね。

必要面積はA型と同じになりますが、以下の通りです。

0歳・1歳・・・1人当たり3.30㎡
2歳児・・・1人当たり1.98㎡

小規模保育事業C型の特徴

最も規模が小さい事業所で、定員は6~10人・・・ただし平成31年度までは15人まで可とされています。

家庭的保育者と呼ばれる、市町村が行う研修を受け、合格した保育士・あるいは保育士と同等以上の知識及び経験を有すると市町村長に認められた人が現場で働く事が出来ます。

A型・B型にあった配置基準よりも1名多いという決まりは設けられていません。

面積は0歳~2歳児 1人当たり3.30㎡以上が必要です。

小規模保育事情は卒園後に進む連携施設が必要

卒園後の連携施設

A型・B型・C型全てに共通する話になりますが、小規模保育事業は必ず連携施設を設ける事が決められています

その為子供たちは3歳になったら優先的にこの連携施設に進むことが出来ます。

具体的には、認定こども園・認可保育所・幼稚園になります。

小規模保育事業を利用していた子供が優先的に入園できますが、定員などの関係上100%確実というワケではありませんので、注意してください。

保育士から見た職場としての小規模保育事業 働くメリットは?

ここまで小規模保育事業の概要を説明して来ましたが、では実際保育士さんが働く職場として考えた時、どんなメリットがあるのかご説明します。

給料アップの期待値が高い

給料UP

小規模保育所は国や自治体が推進し、認可を拡げている事業ですから補助金などの優遇があり、認可外の保育園などに比べ運営資金は豊富になります。

今後その傾向はより強まると考えられており、保育士さんへの還元も政府が処遇改善加算を主導していますし、社会的な後押しもありますから進んでいく可能性が高く、保育士さんにとって期待が持てる職場です。

人員に余裕を持った保育が可能に

小規模保育事業A型・B型は通常の認可保育所よりも人員が+1名多く配置されています。

また、C型においても2歳時まで子供3人につき1人の家庭的保育者が担当しますので、しっかりと一人一人に目が届く保育環境になります。

保育士さんにとっては担当する子供が多すぎて手が回らなくなってしまう可能性が少なく、働きやすい環境になっています。

職員が少なく・アットホームな環境で働ける

保育士さんの職場環境は女性中心ですから、度々人間関係の派閥が出来てしまったり、新しく職場に馴染む苦労の大きい仕事です。

しかし小規模保育事業の職場は職員数10人以下のところが殆ど。

派閥を作る人数もいませんし、人数が多くなくても担当する子供の数も少ないため人手には余裕がありますから、ギスギスした空気が産まれにくい職場です。

小規模保育事業の求人は何処で探せばいい?

求人を探す

保育士求人数業界最大級の保育士バンクをオススメします。

小規模事業保育の求人が充実している事は勿論、それ以外のメリットも大きいのです。

    人気求人は登録者だけの非公開になっているため競争率が下がる

    転職エージェントが条件交渉に強く、応募要件よりも高い年収を引き出してくれる

    内定辞退もエージェントが行ってくれるため、気まずい想いをしない

    登録手続きは2分程度・面倒な来社しての面談なども不要

特にお給料の交渉は自分では難しい点ですし、保育士バンクのような保育士専門の大手求人サービスだからこそ、高い交渉力を発揮できるのです。

これが小さな転職サービスで合ったり、大手でも保育の求人に弱いところですと、施設側も重要性が低くなりますからあまり話を聞いてもらえないんですね。

転職時は年収を大きく上げる事も出来る大チャンスですので、是非積極的に保育士バンクの転職サービスを活用してみてください。

↓から保育士バンク公式サイトに移動できますよ。

保育士バンクの公式サイトはこちら